ニューヨークのマッサージ・日本人マッサージ師 | Kiichiro

ギアをちゃんと入れよう 〜ゼロポジション〜

未分類

筋反射の復習

ちょっと前に書いた筋反射の話。筋肉というのは、急激に引っ張られると、それに負けないように強く収縮する。イメージするならゴム。グッと引っ張って、手を離すとパンっと縮む。あれと同じようなことが筋肉にも起こるわけ。この反射を筋反射というんだけど、この筋反射があるから、非力なスポーツ選手でも活躍できるわけで。

筋肉を複数使う

そしてもう一つの復習。筋肉というのはねじることによって複数数の筋肉を同時に使うことができる。こうすることで複数の筋肉をまんべんなく使うから、どこか一つの筋肉を痛めることがないわけだ。

それを使うための条件

さて、手や足をねじることで複数の筋肉を同時に使えるわけだけど、筋反射をねじりながら使ったら・・・?そう、より効率的に大きな力を使えるわけで。

で、そのための条件として、例えば肩関節で言えば、ちゃんと全ての筋肉がまんべんなく伸ばされるポジションがある。それをゼロポジションという。そのゼロポジションって医学的にいうと、

肩甲棘と上腕骨が一直線に並んだ状態のこと。

だけど、難しいので詳しいことは書かないけど、簡単に言えば、肩のギアがはまった状態。

結局はギアが入っているかどうか?

うちの患者さんでも、どこかの筋肉が痛いとか、うまく使えないとか悩んでいる人は多いんだけど、そもそもちゃんとギアが入っているのか?ということに着目する人は少ない。ここがわかると、筋肉の問題って一気に解決するわけで。

いろんな問題も同じ。大抵の場合は、準備段階とか本番より前で勝負はついてるわけ。言葉にすると平凡なだけど、マッサージよりも、その前の準備段階に答えがあるってわかった瞬間にどんどんいろんな患者さんが治せるようになってきた。

ということで、そんな当院のマッサージにご興味のある方はこちらまで。

Japanese Massage NYC Kiichiro