ニューヨークのスポーツ整体・日本人スポーツ整体師 | Kiichiro NYC

佐々木朗希の豪速球を生み出す驚きの肉体 〜大谷翔平との共通点〜

未分類

昨日の記事 → ウエイトトレーニングはハムを肉る?

これにも書いたとおり、ウエイトトレーニングでつけた筋肉は太く、硬い筋肉で、野球やテニスのようなスピードを必要とするスイング系のスポーツには適してない。

では、どのような筋肉がスイング系スポーツに適しているのか?

それがこれ↓

野球やテニスでは、筋肉をねじりながら連鎖させる必要がある。

だから、筋肉はできるだけ柔らかく、関節可動域は広い方がいい。

特に股関節・肩関節はボールアンドソケットと呼ばれ、特にねじりのポイントとなる関節である。一流選手はこの関節がとても柔らかい。

当院では、肩甲骨・股関節の筋肉を緩め、可動域を出すことを非常に得意としております。当院のボディケアに興味のある方はこちらまで。

Kiichiro スポーツ整体 NYC