ニューヨークのスポーツ整体・日本人スポーツ整体師 | Kiichiro NYC

足首で足の筋肉を緩める 〜ヤクルト古田も目から鱗の谷繁流ランナーあり時の送球のコツ〜

未分類

キャッチャーが盗塁を刺すとき、できるだけ素早く、速いボールを投げたい。

元中日の谷繁捕手によると、ちょっとしたコツがあると言う。

なぜ、このつま先を開くと強いボールを投げることができるのか?

ピッチャーもキャッチャーもボールを投げると言う動作は同じ

以前にも書いた通り、いいピッチャーには軸足の足首の使い方に共通点がある。

一流の投手は右足首を外に向けるように使う。一流投手は、後ろから見ると足の裏が見えるくらい柔らかい。アマチュア選手がこの動きを真似しようとすると早い段階でかかとが浮いてしまう。ところが、一流選手はリリースする寸前までかかとがプレートにつき、足首を外側向けることができる。

その代表選手が、若い頃の松坂投手。

右足のこの動きは母指球〜膝〜骨盤〜上半身〜腕と連動するためのスタートの動きであり、この動きを利用することで、特に大腿四頭筋(太ももの筋肉)を緩めることができる。

当院ではこの動きを使うことで足首やふくらはぎ、スネなどの筋肉を緩めることを行います。その治療風景がこちら。

と言うことで、当院のボディケアに興味のある方はこちらまで。

Kiichiro スポーツ整体 NYC